医療レベルの天然サプリメント

メーカー直送!効果と安全性にこだわるならライフプラス

アメリカの医療施設向けに開発された高品質サプリメントを
個人輸入・メーカー直販で購入できます。

花粉症に効くサプリメントはライフプラス

シラカバ花粉症

シラカバ花粉症とは?


飛散するシラカバ花粉シラカバ花粉症は、シラカバの花粉がアレルゲンとなって発症する花粉症です。北海道ではスギ花粉ヒノキ花粉が原因となる花粉症はほとんどありませんが、そのかわりに、シラカバ花粉症がみられ、患者数は近年徐々に増えています。

 

シラカバ花粉の飛散時期は4月中旬~6月初旬頃で、主な症状はスギ花粉症と同様に鼻水、くしゃみ、目のかゆみです。

 

シラカバ花粉症の特徴的な症状として、一部(20~30%)の人で口腔アレルギー症状を起こすことがあります。リンゴやキウイなどの果物を食べると口の中がかゆくなったり腫れたりします。

 

また、スギ花粉症ヒノキ花粉症と同じく、ある日突然シラカバ花粉症は発症しますので、 花粉症と気付かず、風邪と勘違いすることがあります。

 

北海道にはスギ・ヒノキはほとんどないためスギ花粉症ヒノキ花粉症はありませんが、5月~6月の期間はシラカバの花粉が多く飛散するためシラカバ花粉症に悩む人は多いです。

シラカバ花粉症の症状

シラカバ花粉症の症状

シラカバ花粉症で現れるおもな症状は、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどで、スギ花粉症ヒノキ花粉症等の一般的な花粉症の症状とほとんど変わりません。

 

風邪と勘違いする人も多いようですが、一般的に花粉症の鼻水はサラサラですし、風邪で目のかゆみが出ることもまれです。

 

症状が長期にわたって改善しない場合は、風ではなく花粉症の可能性が高くなってきます。イライラや寝不足、集中力の低下などで、勉強や仕事や勉強、家事に支障が出る前に早めに医師の診察を受けましょう。

 

なお、シラカバ花粉症は、ひどくなると喘息のような咳やたんが出やすいという特徴があります。また、口腔アレルギーを起こす可能性が非常に高いので注意が必要です。

シラカバ花粉症と口腔アレルギー

口腔アレルギー症候群と花粉症

口腔アレルギー症候群とは、ある種の食物を食べた後に、口内や唇にかゆみや腫れが起こる症状のことです。ほとんどの場合、食べた後1時間以内に、多くは食後15分以内に症状が現れます。

 

口腔アレルギーが発症したときには、のどがイガイガ、ヒリヒリする、かゆみやツッパリ感が出る、粘膜が赤く腫れるなどの症状が現れます。口内や唇に症状が集中することが多いですが、目がかゆくなったり、鼻水が出たりすることもあります。

 

症状が重くなると顔が腫れたり、じんましんが出たりすることも。さらに重症化すると、のどの粘膜が腫れて息がしにくくなったり、消化器管が影響を受けて、腹痛や下痢になったりする場合もあります。

 

もっとも怖いのはアナフィラキシーショックです。アレルギー反応が短時間で全身に現れて体がショック状態に陥ってしまった状態を指し、多臓器に症状が現れて血圧が低下したり、呼吸困難や意識障害が起こったりすることもあり、命の危険にさらされる場合も少なくありません。そのような場合には、一刻も早く医療機関で診てもらうことが大切です。

 

花粉症患者で口腔アレルギーが引き起こされるのは、花粉症の原因となっている花粉の構造とよく似た構造をもっている食物を摂取することが原因だと考えられています。口腔アレルギーを防ぐためには、原因となる食べ物を摂らないようにすることが一番です。

 

シラカバ花粉症の人が口腔アレルギーを引き起こしやすい食べ物は次のとおりです。

 

・バラ科の果物 リンゴ、モモ、ナシ、洋ナシなど

・ナッツ類 ヘーゼルナッツ、クルミ、アーモンドなど

・果物類 キウイ、オレンジ、メロン、ライチなど

その他、香辛料やニンジン、ジャガイモなどでも口腔アレルギーを起こしやすいとされています。

シラカバ花粉症の治療

花粉症の治療

シラカバ花粉症の治療は、鼻水や目のかゆみを抑える投薬(抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬、ステロイド点鼻薬、点眼薬)や、鼻の粘膜を焼くレーザー手術などによって症状を抑える「対症療法」が一般的です。

 

投薬療法は、これらの化学伝達物質の放出や作用を妨げる抗アレルギー薬を服用することで、症状の抑制や緩和を目指します。以下のような薬があり、それぞれの症状に合わせていくつかを組み合わせて処方されます。

抗ヒスタミン薬
くしゃみ、鼻水、目のかゆみなどを引き起こすヒスタミンが受容体と結合するのをブロックする薬です。のどの渇きや眠気などの副作用が軽減された第二世代が現在の主流となっています。
抗ロイコトリエン薬
鼻粘膜の腫れの原因となるロイコトリエンが放出されるのを抑える薬です。
メディエーター遊離抑制薬
アレルギー症状を引き起こす化学伝達物質の放出を抑える薬です。効果が出るまでに日数を要するので、早めに内服する必要があります。
血管収縮薬
粘膜の血管を収縮させて腫れを取り除く点鼻薬です。
ステロイド薬
免疫反応を抑制する薬で、症状が強い時に使用されます。副作用は注射が一番強く、内服、外用薬の順に軽くなります。副作用が強いため、アレルギー専門の医療機関での花粉症治療でステロイド注射をするケースは一般的ではありません。

 

くしゃみ、鼻汁が主体の鼻症状の場合は、抗ヒスタミン薬やメディエーター遊離抑制薬が最適とされ、鼻づまりが主症状である場合は、抗ロイコトリエン薬や鼻噴霧用ステロイド薬がよく使われます。さらにひどい場合には、点鼻用血管収縮薬や経口ステロイド薬を使用することもあります。

 

口腔アレルギーを発症した場合は、軽度であれば抗ヒスタミン薬などを服用することで症状は抑えられますが、重症の場合はアドレナリンの自己注射(エピペン)の使用や救急搬送などの緊急対応が必要になります。

 

花粉症とは

お問い合わせ

 

花粉症に効くサプリメント

花粉症におすすめ・・・・アレルギー体質改善にお役立て下さい。

 

「花粉症に効くサプリメントを教えてください!」

最も多いご要望にお応えいたします。 

花粉症におすすめなのが下記のコースです。単品の組み合わせで体質改善に取り組みましょう。 各商品の内容、成分、価格等の情報は下記製品名をクリックしてご覧下さい。


1.プロアンセノルズデイリーバイオベーシックス の組み合わせ

   プロアンセノルズ     デイリーバイオベーシックス
最強の抗酸化サプリであるプロアンセノルズと完璧なミネラルとビタミン、食物繊維バランス、デイリーバイオベーシックスが基本中の基本です。軽度の花粉症ならこのプロアンセノルズとデイリーバイオベーシックスだけで十分でしょう。
プロアンセノルズ100mg、デイリーバイオベーシックスのセットを購入する

 

2.プロアンセノルズオメゴールド の組み合わせ

    プロアンセノルズ   オメゴールド
普段の食生活が外食やコンビニ食に偏りがちな方は、最強の抗酸化サプリ、プロアンセノルズに加えてDHAとEPAをたっぷり配合したオメガ3系脂肪が豊富なオメゴールドを。

プロアンセノルズ100mg、オメゴールドのセットを購入する


3.プロアンセノルズデイリーバイオベーシックスオメゴールド の組み合わせ

    プロアンセノルズ     デイリーバイオベーシックス   オメゴールド
文字通り最強の組み合わせです。抗酸化サプリのプロアンセノルズで活性酸素対策。デイリーバイオベーシックスで食物繊維、ビタミンとミネラルの補給。さらにオメゴールドでDHAとEPAをたっぷり配合したオメガ3系脂肪を補給します。花粉症の原因である活性酸素対策、体内毒素のデトックス、オメガ3不足を補います。
プロアンセノルズ100mg、デイリーバイオベーシックス、オメゴールドのセットを購入する

 

更に上記1.~3.の組み合わせに加え、必要に応じて

 ダイジェスティブ・フォーミュラ や マイクロミンズプラス を。

   ダイジェスティブフォーミュラー    マイクロミンズプラス
ダイジェスティブフォーミュラーは胃と腸の消化をサポートします。

マイクロミンズプラスは不足しがちな微量ミネラル、超微量ミネラルを補給します。77種類のミネラルをこれ1つで摂ることができます。

 

花粉症に効くサプリメント詳細ページ


お問い合わせ

ライフプラスのサプリメント総合カタログダウンロード


ライフプラスのサプリメント総合カタログ



このホームページでは一部のファイルにPDF形式を採用しています。
PDF形式のファイルを見る場合、アドビ-リーダー(Adobe Reader)が必要になってきます。
アドビ-リーダー(Adobe Reader)は、無料でダウンロードできます。
右のボタンをクリックしてダウンロードしてください。


お急ぎの場合はお電話でご注文ください。
ライフプラス注文専用フリーダイヤル
ライフプラス注文専用フリーダイヤル:005-3123-0026
(日本時間、平日朝5時半~午後2時) 土・日はお休みです。
紹介者番号 1974630 を必ずお伝えください。
Copyright (C) 花粉症サプリメント通販のライフプラス All Rights Reserved.