医療レベルの天然サプリメント

メーカー直送!効果と安全性にこだわるならライフプラス

アメリカの医療施設向けに開発された高品質サプリメントを
個人輸入・メーカー直販で購入できます。

花粉症に効くサプリメントはライフプラス

イネ科花粉症

夏の花粉症


夏の花粉症は主にイネ科花粉症スギ花粉の飛散は4月頃にはだいたい終わりますが、5月になるとイネ科の植物の花粉が飛散しはじめます。

 

5~9月頃に花粉が飛ぶイネ科には、カモガヤ、ハルガヤ、ムギ、イネ、アシ、ススキ、ネズミホソムギ、ネズミムギ、ホソムギ、オニウシノケグサ、スズメノカタビラ、スズメノテッポウなどが挙げられます。

 

イネ科の花粉は、その種類に寄りますが、ピークが2回あります。5~6月と8月~9月です。ほとんどは、5~6月に飛散量が最も多いです。

 

イネ科の植物は、背が低く、川沿い、堤防、水田などに生育しています。背が低いため、飛散する距離がスギより短いのが特徴です。つまり、広く飛ぶ事はありません。

 

イネ科の植物は種類が豊富なので、どの植物の花粉がアレルゲンか特定するのが難しいのが特徴です。

 

イネ科花粉症の検査法・診断法としては、症状がいつ、どれくらい続いているのかが大事です。5月~6月に2週間以上、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ、充血がある場合は、イネ科花粉症の疑いがあります。

 

花粉症であるかどうかは、鼻の粘膜を診察し、鼻水の中に含まれるアレルギーで増える白血球である好酸球の数を検査します。

 

花粉症の原因が、イネ科かどうかは、血液検査を行って判断します。イネ科の花粉に対するIgEというタンパク質の量が一定量増えていて、陽性であれば、イネ科花粉症の可能性が高いということになります。

 

現在、イネ科花粉で検査可能が植物は、カモガヤ、オオアワガエリ、ハルガヤ、ギョウギシバ、オオスズメノテッポウ、セイバンモロコシ、ホソムギ、ナガハグサ、ヒロハウシノケグサ、アシ、コムギ(属)、スズメノヒエ(属)、コヌカグサ(属)になっています。

 

イネ科花粉症の症状


イネ科の花粉症の症状も、スギ花粉症ヒノキ花粉症と同じです。

 

主な症状は、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、そして目のかゆみ、充血です。

 

また、イネ科のアレルギーがある場合、アナフィラキシーと言って、喘息などの呼吸困難、じんましん、嘔吐などの症状を起こす事があります。

 

小麦もイネ科なので、食物依存性運動誘発アナフィラキシーの危険もあります。

 

食物依存性運動誘発アナフィラキシーとは、特定の食べ物を食べて、数時間以内に運動すると、喘鳴、咳、じんましん、嘔吐、吐き気、血圧が低下して、顔色が悪くなります。

 

イネ科花粉症の人は、ピーク時にイネ科が多く茂っていそうな堤防などをジョギングしたり散歩したりすることは避けた方が無難です。

スギ花粉症にかかってしまうと、カモガヤ花粉症を併発しやすいと言われていますので注意が必要です。

 

また、ある種類のイネ科花粉症にかかってしまうと他のイネ科植物の花粉症も併発するリスクが高まります。

 

スギやヒノキと違い、夏の飛んでいる花粉は背丈が低い草から飛散しているのであまり遠くには飛びません。しかし、夏に花粉を飛ばしているイネ科の植物は、私たちの日常生活の近くに存在します。

 

例えば川沿い、公園や芝生、土手などです。ですので、完全に花粉を避けることは難しいでしょう。

 

カモガヤ花粉症


カモガヤ花粉症は夏の花粉症

一般的なカモガヤ花粉の飛散は5月ごろから始まり、そのピークを7月〜8月ごろに迎えます。

 

道路わきや公園などによく生えている植物なので、気づかない間にアレルゲンに接近していることも大いにあり得ます。

 

一般的に知られているスギヒノキの花粉は4月〜5月あたりまでが飛散時期のピークなので、5月を過ぎ6月ごろになっても鼻炎症状や目のかゆみなどが改善されない場合は、カモガヤ花粉症の可能性がでてきます。

 

ただし地域差がありますので、お住まいのエリアの花粉情報をチェックしてみましょう。

 

また、カモガヤ花粉スギ花粉などに比べると飛散距離が短く、雨の日は飛散量が少なくなります。梅雨に入れば比較的症状が治まる可能性も期待できますが、梅雨明け後にはまた注意が必要です。

 

野菜や果物にもアレルギー


イネブタクサヨモギ、カナムグラの花粉症になると、ある特定の野菜や果物に対してアレルギーになる恐れがあります。

 

最初のうちは、スイカやメロンなどを食べると口周りがかゆくなったり赤い湿疹ができたりといった軽い症状ですが、何度も繰り返していくうちに全身に症状が現れ、ひどい場合は血液低下や意識不明になる場合もあります。

 

そのため、夏になんらかの花粉症にかかった場合には、食物に対するアレルギー検査もあわせてするべきです。特にイネ科花粉症にかかると、小麦や米に対してアレルギーを持つことがあるので注意が必要です。

 

小麦アレルギーを併発している恐れのある人は、小麦を使った料理を避けるようにしなければなりません。

 

パン、うどん、カレーのルー、シチューのルー、味噌、せんべい、ケーキ、ビール、ウイスキー、麦茶などが小麦から作られています。これらの食物にアレルギー症状が出たときには、成分表示をしっかりと確かめて買う必要があります。

 

花粉症対策には、様々な方法がありますが、基本は食事から見直していくことです。意識して食生活の改善をすることで、体質改善につながります。

 

どうしても食事からでは不足しがちな栄養素はサプリメントを活用して摂取しましょう。

花粉症に効くサプリメント

花粉症におすすめ・・・・アレルギー体質改善にお役立て下さい。

 

「花粉症に効くサプリメントを教えてください!」

最も多いご要望にお応えいたします。 

花粉症におすすめなのが下記のコースです。単品の組み合わせで体質改善に取り組みましょう。 各商品の内容、成分、価格等の情報は下記製品名をクリックしてご覧下さい。


1.プロアンセノルズデイリーバイオベーシックス の組み合わせ

   プロアンセノルズ     デイリーバイオベーシックス
最強の抗酸化サプリであるプロアンセノルズと完璧なミネラルとビタミン、食物繊維バランス、デイリーバイオベーシックスが基本中の基本です。軽度の花粉症ならこのプロアンセノルズとデイリーバイオベーシックスだけで十分でしょう。
プロアンセノルズ100mg、デイリーバイオベーシックスのセットを購入する

 

2.プロアンセノルズオメゴールド の組み合わせ

    プロアンセノルズ   オメゴールド
普段の食生活が外食やコンビニ食に偏りがちな方は、最強の抗酸化サプリ、プロアンセノルズに加えてDHAとEPAをたっぷり配合したオメガ3系脂肪が豊富なオメゴールドを。

プロアンセノルズ100mg、オメゴールドのセットを購入する


3.プロアンセノルズデイリーバイオベーシックスオメゴールド の組み合わせ

    プロアンセノルズ     デイリーバイオベーシックス   オメゴールド
文字通り最強の組み合わせです。抗酸化サプリのプロアンセノルズで活性酸素対策。デイリーバイオベーシックスで食物繊維、ビタミンとミネラルの補給。さらにオメゴールドでDHAとEPAをたっぷり配合したオメガ3系脂肪を補給します。花粉症の原因である活性酸素対策、体内毒素のデトックス、オメガ3不足を補います。
プロアンセノルズ100mg、デイリーバイオベーシックス、オメゴールドのセットを購入する

 

更に上記1.~3.の組み合わせに加え、必要に応じて

 ダイジェスティブ・フォーミュラ や マイクロミンズプラス を。

   ダイジェスティブフォーミュラー    マイクロミンズプラス
ダイジェスティブフォーミュラーは胃と腸の消化をサポートします。

マイクロミンズプラスは不足しがちな微量ミネラル、超微量ミネラルを補給します。77種類のミネラルをこれ1つで摂ることができます。

 

花粉症に効くサプリメント詳細ページ


お問い合わせ

ライフプラスのサプリメント総合カタログダウンロード


ライフプラスのサプリメント総合カタログ



このホームページでは一部のファイルにPDF形式を採用しています。
PDF形式のファイルを見る場合、アドビ-リーダー(Adobe Reader)が必要になってきます。
アドビ-リーダー(Adobe Reader)は、無料でダウンロードできます。
右のボタンをクリックしてダウンロードしてください。


お急ぎの場合はお電話でご注文ください。
ライフプラス注文専用フリーダイヤル
ライフプラス注文専用フリーダイヤル:005-3123-0026
(日本時間、平日朝5時半~午後2時) 土・日はお休みです。
紹介者番号 1974630 を必ずお伝えください。
Copyright (C) 花粉症サプリメント通販のライフプラス All Rights Reserved.