医療レベルの天然サプリメント

メーカー直送!効果と安全性にこだわるならライフプラス

アメリカの医療施設向けに開発された高品質サプリメントを
個人輸入・メーカー直販で購入できます。

花粉症に効くサプリメントはライフプラス

花粉症と脂質バランス

花粉症にいい油と悪い油

 

オメガ3は花粉症、アトピー性皮膚炎、喘息等のアレルギーを改善する油脂肪には大きく分けて飽和脂肪酸不飽和脂肪酸の2つがあり、飽和脂肪酸は牛肉や豚肉、乳製品など動物性の脂肪に多く含まれています。

 

不飽和脂肪酸は化学構造の違いから、「オメガ3」「オメガ6」「オメガ9」とさらに細かく分類されます。

 

飽和脂肪酸

肉や乳製品などの動物性の脂肪

不飽和脂肪酸

ベニバナやコーン、オリーブ、亜麻仁など植物性の脂肪

 

飽和脂肪酸は体内で合成できるため、必ずしも食事からとる必要はありません。むしろ動物性の脂肪のとりすぎによる弊害のほうが指摘されるくらいです。

 

一方、不飽和脂肪酸のうちオメガ3オメガ6はどちらも私達の体内では作り出せないことから、食事などを通して外から補わなければならない「必須脂肪酸」と呼ばれ、摂らないといけない油です。

 

オメガ3を多く含む油:α-リノレン酸
オメガ9を多く含む油:リノール酸
オメガ6を多く含む油:オレイン酸

 

α-リノレン酸は、炎症を抑制し、アレルギー反応を抑えます。一方、リノール酸は炎症を促進し、アレルギー反応を促進します。オレイン酸はアレルギーに対して中立です。

 

リノール酸は炎症を促進して花粉症、アトピー性皮膚炎、喘息等のアレルギーを悪化させる

 

α-リノレン酸


α-リノレン酸は脂肪酸の一種で、n-3系の多価不飽和脂肪酸という分類に入ります。多価不飽和脂肪酸は、大豆などの油に多く含まれています。また、魚の脂肪は、主に多価不飽和脂肪酸です。

 

α-リノレン酸EPADHAに変換(代謝)される働きを持っています。。EPADHAは魚の油と同じ成分で特に青魚に多い成分として知られています。

 

α-リノレン酸:動脈硬化予防、血清脂質の改善、免疫応答の改善、制がん
EPA:血栓予防、血清中性脂肪の低下、抗炎症性、制がん
DHA:脳神経機能向上、抗炎症性、制がん

 

このα-リノレン酸は、人間にとって必須脂肪酸ですが、体内では合成されないため、食事から摂取しなければなりません。

 

α-リノレン酸は緑色の濃い野菜に含まれていて、特にシソ油をはじめ、エゴマ油やアマニ油などに多く含まれています。

 

多価値不飽和脂肪酸の代表的な成分は、α-リノレン酸の他に、リノール酸があります。これらをバランスよく摂取することが重要なのですが、一般的にアレルギー体質の人はα-リノレン酸が不足しているといわれています。

 

そのためリノール酸の摂取量を減らし、α-リノレン酸の摂取量を増やすことでアレルギー反応を抑制することができる、という研究報告があります。

 

オメガ6系は、花粉症アトピー性皮膚炎喘息などのアレルギー反応を促進し、オメガ3系は逆に抑制します。

 

リノール酸


リノール酸α-リノレン酸同様、食べ物から摂取が必要な必須脂肪酸で、私達の健康にとって無くてはならない大事な脂肪酸ですが、日本人は日頃の食生活で十分に摂取していますので意識して摂る必要はありません。

 

リノール酸に対する評価は時代により大きく変化しました。

 

日本人は、脂質異常症や糖尿病の罹患が多いという民族的特質があり、その要因の一つとなるコレステロールを健常に保つことは重要な課題となっています。

 

このため、コレステロール降下作用の強いリノール酸摂取の必要性が強く主張された時期がありました。

 

しかし、リノール酸の大量摂取は善玉コレステロールをも低下させること、リノール酸の代謝物であるアラキドン酸が炎症を引き起こすエイコサノイドを産生し、がんを発生に結びつく可能性があるという研究結果が報告されたため、現在では、むしろリノール酸の過剰摂取が問題となっています。

 

リノール酸は過剰摂取、α-リノレン酸は不足


すべての植物油はいずれかの脂肪酸単体でできているわけではなく、様々な脂肪酸が含まれ、それぞれが協調して相乗的効果を発揮していると考えられます。

 

リノール酸は、花粉症アトピー性皮膚炎喘息等のアレルギー症状を促進したり、がん、動脈硬化、脳血栓、心不全等の原因となったり、様々な弊害をもたらします。

 

にもかかわらず、日本人のリノール酸の摂取量は、欧米諸国にくらべて、突出して多くなっています。日本人のリノール酸摂取量は、必要量の6倍です。高度成長期から、リノール酸摂取は2倍以上に増えているのです。

 

現在、日本脂質栄養学会は、「リノール酸の取りすぎを改めるよう」提言を行っています。

 

オメガ3オメガ6 の比率は、1:2~1:4 が良いとされているのですが、日本人の場合、1:6 から、極端な場合は1:50 という状態にあります。

 

花粉症アトピー性皮膚炎喘息等のアレルギーを治すためには、リノール酸(オメガ6)を減らし、α-リノレン酸(オメガ3)を増やすことが必要です。

 

そのためには、積極的にオメガ3を摂取する必要があります。

 

ただ、日頃の食生活からオメガ3の必要量を満たすことは容易ではありませんので、サプリメントで補うといいでしょう。


オメガ3サプリメント

花粉症に効くサプリメント

花粉症におすすめ・・・・アレルギー体質改善にお役立て下さい。

 

「花粉症に効くサプリメントを教えてください!」

最も多いご要望にお応えいたします。 

花粉症におすすめなのが下記のコースです。単品の組み合わせで体質改善に取り組みましょう。 各商品の内容、成分、価格等の情報は下記製品名をクリックしてご覧下さい。


1.プロアンセノルズデイリーバイオベーシックス の組み合わせ

   プロアンセノルズ     デイリーバイオベーシックス
最強の抗酸化サプリであるプロアンセノルズと完璧なミネラルとビタミン、食物繊維バランス、デイリーバイオベーシックスが基本中の基本です。軽度の花粉症ならこのプロアンセノルズとデイリーバイオベーシックスだけで十分でしょう。
プロアンセノルズ100mg、デイリーバイオベーシックスのセットを購入する

 

2.プロアンセノルズオメゴールド の組み合わせ

    プロアンセノルズ   オメゴールド
普段の食生活が外食やコンビニ食に偏りがちな方は、最強の抗酸化サプリ、プロアンセノルズに加えてDHAとEPAをたっぷり配合したオメガ3系脂肪が豊富なオメゴールドを。

プロアンセノルズ100mg、オメゴールドのセットを購入する


3.プロアンセノルズデイリーバイオベーシックスオメゴールド の組み合わせ

    プロアンセノルズ     デイリーバイオベーシックス   オメゴールド
文字通り最強の組み合わせです。抗酸化サプリのプロアンセノルズで活性酸素対策。デイリーバイオベーシックスで食物繊維、ビタミンとミネラルの補給。さらにオメゴールドでDHAとEPAをたっぷり配合したオメガ3系脂肪を補給します。花粉症の原因である活性酸素対策、体内毒素のデトックス、オメガ3不足を補います。
プロアンセノルズ100mg、デイリーバイオベーシックス、オメゴールドのセットを購入する

 

更に上記1.~3.の組み合わせに加え、必要に応じて

 ダイジェスティブ・フォーミュラ や マイクロミンズプラス を。

   ダイジェスティブフォーミュラー    マイクロミンズプラス
ダイジェスティブフォーミュラーは胃と腸の消化をサポートします。

マイクロミンズプラスは不足しがちな微量ミネラル、超微量ミネラルを補給します。77種類のミネラルをこれ1つで摂ることができます。

 

花粉症に効くサプリメント詳細ページ


お問い合わせ

ライフプラスのサプリメント総合カタログダウンロード


ライフプラスのサプリメント総合カタログ



このホームページでは一部のファイルにPDF形式を採用しています。
PDF形式のファイルを見る場合、アドビ-リーダー(Adobe Reader)が必要になってきます。
アドビ-リーダー(Adobe Reader)は、無料でダウンロードできます。
右のボタンをクリックしてダウンロードしてください。


お急ぎの場合はお電話でご注文ください。
ライフプラス注文専用フリーダイヤル
ライフプラス注文専用フリーダイヤル:005-3123-0026
(日本時間、平日朝5時半~午後2時) 土・日はお休みです。
紹介者番号 1974630 を必ずお伝えください。
Copyright (C) 花粉症サプリメント通販のライフプラス All Rights Reserved.