医療レベルの天然サプリメント

メーカー直送!効果と安全性にこだわるならライフプラス

アメリカの医療施設向けに開発された高品質サプリメントを
個人輸入・メーカー直販で購入できます。

花粉症に効くサプリメントはライフプラス

サプリメントと分子栄養学

分子栄養学とは?


分子栄養学とは、「個々の人間のDNAの働きを分子レベルで考える」という意味であり、「固体差の栄養学」「DNAの栄養学」です。

 

人間は、細胞レベル遺伝子レベルで各々異なるので、必要な栄養素の量と種類はそれぞれ異なる」という考え方に基づいています。

 

生物の生きるシステムを科学で解明して行くのが「生化学」と「分子生物学」であり、この二つが合体したものが分子栄養学といえます。

 

誤解されやすいのは、ここで言う「分子」とは、口に入る食品を分子レベルで考えるのではなく、受け入れ側の身体を分子レベルで考えるということです。

 

分子栄養学と遺伝子

分素栄養学では遺伝子レベルで必要なサプリメントを決める分子栄養学では特に遺伝子の分子に着目し、遺伝子をフルに活動させるためには何の栄養物質がどれだけ必要かということを考えます。

 

誰もが一度は遺伝子DNAといった言葉を耳にしたことがあると思いますが、簡単に言うとあらゆる生命の「設計図」の事です。

 

もう少し厳密に言えばこの「設計図」とはタンパク質の構造を暗号化したものだということになります。

 

動物の骨や筋肉、皮膚、内臓などすべての組織はタンパク質で構成されており、この「設計図」に従って作られています。

 

老化や病気などはこの「設計図」通りに作られなくなることが原因の一つであると分子栄養学では考えます。

 

兄弟であっても顔や体つき、脳の働きや体質が異なるのは、このDNAの指令によって出来上がる「タンパク質の構造」が異なるからなのです。

 

1つのタンパク質には、アミノ酸を100個以上、多いものだと1万個以上!ものアミノ酸分子がつながっています。

 

この並べ方を変えながら、人間の細胞内ではなんと10万種類ものタンパク質を作り出し、必要な場所にそれぞれ届けているわけです。

 

タンパク質というと、皮膚や筋肉を想像しやすいですが、血液やリンパ液も、骨も(タンパク質の骨組みにカルシウムがついたものが骨です)、皆タンパク質からできています。

 

タンパク質は細胞膜の中にも存在しています。そしてこのタンパク質がビタミンだとかミネラルと化学反応を起こすことによって、ホルモンや、脳内物質を作り出したり受け取ったりしているのです。

 

従って、光や味、匂い、触覚などの刺激を受け取るレセプターも、不安やうつ、集中力ややる気などといった精神も、すべての生命活動はタンパク質中心なのです。

 

そして、こうしたタンパク質を作る能力は、人それぞれ違うのです。「ある人はAというタンパク質を作る能力は高いけど、Bというタンパク質を作る能力は低い」ということが普通にあり得るのです。

 

従って、各個人個人によって、その材料となる栄養物質の摂り方も違ってくるのです。

 

人によって違う栄養素の必要量

アミノ酸が違う種類のタンパク質を作り変えるとき、酵素たんぱくが働き、この酵素を一緒になって働くのがビタミンミネラルです。

 

つまりこのビタミンやミネラルが不足すると、タンパク質を作る能力が低くなります。逆に、必要十分に補充してあげれば、タンパク質の働きを助けてあげることができるようになります。


同時に、こうした働きは細胞膜に存在している脂(リン脂質)の質によって決まります。

 

脂がさらさらしていると、細胞膜を通して栄養素が行ったりきたりしやすくなるため、アミノ酸がタンパク質へ作られる働きが容易になり、質のよいタンパク質が迅速に、十分な量作られるわけです。

 

この脂が、レシチンDHAなどです。レシチンにはコリンという、神経伝達物質そのものになる材料も含まれています。

 

例えば、発達障害の傾向を持つ人は、何らかの原因により、こうした生命活動に必要な栄養素が脳まで十分に行き届いていないため、脳の神経ネットワークが少なく、脳細胞も固いために様々な不具合が出ています。

 

そのため、どんなに療育をしても知育をしても、この材料そのものをしっかり補充し、脳細胞とネットワークを作り直すところから始めない限り改善は望めないのです。

 

そのための栄養素をサプリメント等によってしっかりと補うことが、分子栄養学に基づいた治療法なのです。

 

サプリメントが効かない理由

人によって必要な栄養素は違うので同じサプリメントを摂っても同じ成果は得られない「他人が良いと薦めるサプリメントを服用したけれど、自分には全く効果がなかった」

 

という経験はありませんか?

 

どうしてこのような事がおこるのでしょうか?

 

この原因を解明するキーとなるのが分子栄養学なのです。

 

例えば、ストレスが多ければビタミンCの必要量は多くなります。

 

分子栄養学上で「健康」とは、


「60兆個ある細胞が全体として調和のとれた活動をしている状態」


と定義されます。

 

そして遺伝子を元にしてつくられた生理活性物質の体内濃度により、健康レベルが大きく左右されると考えます。

 

従来の栄養学との違い

従来のいわゆる古典栄養学は、摂取カロリーや栄養素の比率の統計上をとり、その量を目安に食事から摂取するというものでした。

 

ですので、ビタミンの位置づけも、欠乏症にならない量の摂取しか考えられていません。

 

古典栄養学の問題点はここにあります。なぜなら、ビタミンには摂取量に応じて作用が変わり、また、高濃度になると薬理作用が見込めるものもあるからです。

 

日本では薬事法により、サプリメントの効果効能を表示することはできませんが、良質なサプリメントで必要な栄養素を摂取すれば、薬理的な効果が得られるのは厳然とした事実なのです。

 

ただし、人によって薬理作用を発揮するために必要なビタミンの量には大きな違いがあります。

 

ですので、個体差と状況差をカバーするために、どの栄養素をどれくらいの量を摂取していくかを、戦略的に考えていく必要があります。

 

個体差は、各酵素の反応効率の違いにより引き起こされていきます。

 

酵素反応率とは、車に例えれば燃費効率にあたります。その酵素反応をあげるものにビタミンミネラルなどの栄養素があるので、酵素反応とは、簡単に言えば、サプリメントの効果を測るものと言えます。

 

生体内では,たくさんの酵素が働いています。それらの酵素は場合によっては単独でも働きますが、多くの酵素はタンパク質以外の成分を必要と必要としています。

 

酵素反応が起きるためには、酵素の元となる基質(タンパク質)に補酵素(ビタミン)が結合することが必要になります。

 

サプリメントの効果(=酵素反応)に個人差があるという事は、この結合効率に大きな差があるという事なのです。

 

そのため、必要となるビタミンの量には大きな個人差があるのです。

 

体内で起こる酵素反応の結合率は人それぞれ異なり、その為必要な栄養素の量は個人個人で大きな開きがあります。

 

この結合効率のことを専門的には親和力といいます。この親和力の違いは、およそ数十倍から百倍程度の違いがあると言われています。


つまり、ある結果をだすために1という単位あれば十分な人もいれば、その100倍を摂取しないと効果がでない人もいるのです。

 

ところが本来100必要な人が10しか摂取していなければどうでしょうか?

 

当然サプリメントを飲んでも結果がでないということになるのです。特に何らかの症状が出ているということは、その人にとって必要な栄養素を満たせいないことになります。必要となる酵素反応が起きず、生理活性物質が作られないために、症状が出ているのです。

 

また同じ個人でも状況によって栄養素の必要量は異なります。一般的にストレスの少ない普通の生活をされている方と、毎日徹夜をして激しく仕事をされている方やスポーツ選手を比較してみると、必要となる栄養素の量は大きく異なります。

大切なことは、状況に合わせて、各個人にとって必要な栄養条件を満たしていくことが大切なのです。

 

「あの人に効いたのなら私にも効くはず」

 

といった単純な構図ではないのです。

 

だからこそ、ある人で効果が出たので試したけれど、自分では少しも効果がでなかったということになるのです。

 

花粉症に効くサプリメント

花粉症におすすめ・・・・アレルギー体質改善にお役立て下さい。

 

「花粉症に効くサプリメントを教えてください!」

最も多いご要望にお応えいたします。 

花粉症におすすめなのが下記のコースです。単品の組み合わせで体質改善に取り組みましょう。 各商品の内容、成分、価格等の情報は下記製品名をクリックしてご覧下さい。


1.プロアンセノルズデイリーバイオベーシックス の組み合わせ

   プロアンセノルズ     デイリーバイオベーシックス
最強の抗酸化サプリであるプロアンセノルズと完璧なミネラルとビタミン、食物繊維バランス、デイリーバイオベーシックスが基本中の基本です。軽度の花粉症ならこのプロアンセノルズとデイリーバイオベーシックスだけで十分でしょう。
プロアンセノルズ100mg、デイリーバイオベーシックスのセットを購入する

 

2.プロアンセノルズオメゴールド の組み合わせ

    プロアンセノルズ   オメゴールド
普段の食生活が外食やコンビニ食に偏りがちな方は、最強の抗酸化サプリ、プロアンセノルズに加えてDHAとEPAをたっぷり配合したオメガ3系脂肪が豊富なオメゴールドを。

プロアンセノルズ100mg、オメゴールドのセットを購入する


3.プロアンセノルズデイリーバイオベーシックスオメゴールド の組み合わせ

    プロアンセノルズ     デイリーバイオベーシックス   オメゴールド
文字通り最強の組み合わせです。抗酸化サプリのプロアンセノルズで活性酸素対策。デイリーバイオベーシックスで食物繊維、ビタミンとミネラルの補給。さらにオメゴールドでDHAとEPAをたっぷり配合したオメガ3系脂肪を補給します。花粉症の原因である活性酸素対策、体内毒素のデトックス、オメガ3不足を補います。
プロアンセノルズ100mg、デイリーバイオベーシックス、オメゴールドのセットを購入する

 

更に上記1.~3.の組み合わせに加え、必要に応じて

 ダイジェスティブ・フォーミュラ や マイクロミンズプラス を。

   ダイジェスティブフォーミュラー    マイクロミンズプラス
ダイジェスティブフォーミュラーは胃と腸の消化をサポートします。

マイクロミンズプラスは不足しがちな微量ミネラル、超微量ミネラルを補給します。77種類のミネラルをこれ1つで摂ることができます。

 

花粉症に効くサプリメント詳細ページ


お問い合わせ

ライフプラスのサプリメント総合カタログダウンロード


ライフプラスのサプリメント総合カタログ



このホームページでは一部のファイルにPDF形式を採用しています。
PDF形式のファイルを見る場合、アドビ-リーダー(Adobe Reader)が必要になってきます。
アドビ-リーダー(Adobe Reader)は、無料でダウンロードできます。
右のボタンをクリックしてダウンロードしてください。


お急ぎの場合はお電話でご注文ください。
ライフプラス注文専用フリーダイヤル
ライフプラス注文専用フリーダイヤル:005-3123-0026
(日本時間、平日朝5時半~午後2時) 土・日はお休みです。
紹介者番号 1974630 を必ずお伝えください。
Copyright (C) 花粉症サプリメント通販のライフプラス All Rights Reserved.