医療レベルの天然サプリメント

メーカー直送!効果と安全性にこだわるならライフプラス

アメリカの医療施設向けに開発された高品質サプリメントを
個人輸入・メーカー直販で購入できます。

花粉症に効くサプリメントはライフプラス

花粉症の定義

花粉症は国民病

スギ花粉花粉症は国民病とも言われるほど、多くの日本人を悩ませています。

 

花粉症は別名季節性アレルギー性鼻炎ともいわれ、日本国民の約25%が花粉症だといわれているほどです。

 

ではそもそも花粉症とはどんな病気なのでしょうか?

 

花粉症とは、スギやヒノキなどの植物の花粉が原因となって、くしゃみ・鼻水などのアレルギー症状を起こす病気で、花粉をアレルゲンとするアレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎です。

 

体内に花粉などの異物(抗原)が入ると、それに結合する免疫たんぱく質(抗体)が作られ、様々な免疫反応が起こります。

 

アレルギーとは、その免疫反応が過剰に起こる状態であり、その原因がスギ花粉やヒノキ花粉などの花粉である場合が花粉症です。

 

代表的な花粉症の症状は、くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみです。これは、鼻と目が外気に接しているため花粉に触れる機会が多く、さらに免疫反応に関係の深い粘膜組織を持つことから、花粉に対するアレルギー症状が起こりやすいためと考えられています。

 

スギ花粉症

ヒノキ花粉症

ブタクサ花粉症

イネ科花粉症

花粉症の症状

花粉症は喘息やアトピー性皮膚炎と同じくアレルギー疾患のひとつです。

 

これらアレルギー疾患の発症には「免疫」という体を守る仕組みが重要なカギを握っています。

 

免疫とは生体を守るために体に入った異物を排除しようとするシステムです。

 

風邪をひいても、普通は自分の力で治りますね。これは免疫の力によるものなのです。

 

ところが、この外からの「敵」である異物を排除しようとする「免疫」の働きが過剰に起こる事で体にとってよくない反応が出る事があります。

 

これがアレルギー反応なのです。

 

花粉症でいえば体の中に入った花粉を外に出そうとして免疫の働きが活発になり、鼻水やくしゃみ、目のかゆみといった症状が出てしまうことが花粉症の症状なのです。

 

花粉症の症状が出るもとの花粉を「アレルゲン」と言います。

 

スギ花粉症の場合はスギ花粉が、ヒノキ花粉症の場合はヒノキ花粉がアレルゲンになるわけです。

 

花粉症の代表的な症状は「くしゃみ、鼻みず、鼻づまり」です。


異物が鼻から侵入すると、その異物を外に追い出したり体内に入りにくくする為の生体防御反応として「くしゃみ、鼻みず、鼻づまり」が現れますが、アレルギー反応によってそれらが過剰に発現するのが花粉症の症状です。

 

また、花粉症の症状が目に現れることもあります。「目のかゆみ、涙目」などです。

 

鼻の症状と目の症状の両方が出る重度の花粉症も珍しくありません。

 

花粉症の代表的な症状

1.くしゃみ
2.鼻水
3.鼻づまり
4.目のかゆみ
5.涙目
6.頭痛

7.肌荒れ

 

花粉症の治療


花粉症治療「年をとってきたら花粉症の症状がかるくなった」という人が時々います。しかし、何も対策をしなくて花粉症自体が完治すると言う事は確率的に低いことが分かっています。

 

また近年は花粉の飛ぶ量も増えているためか、乳幼児の時期から花粉症にかかる人も増えています。

 

西洋医学的には、残念ながら「花粉症は完治しない」というのが定説となっています。

 

舌下免疫療法などの花粉症完治の可能性があるとされる治療法も成功率は決して高くはありません。

 

現代医学における花粉症治療

現代医学における花粉症治療は症状を抑える対症療法が中心となります。

 

花粉が飛び始める前に、薬物療法を始める初期療法が最も推奨されています。

 

花粉が飛びはじめる2週間ぐらい前から第2世代抗ヒスタミン薬、抗ロイコトリエン薬などの経口治療薬を投与する治療法です。


前もって薬を飲みはじめることで、症状が出る時期を遅らせ、花粉が飛ぶ最盛期の症状を軽くする効果が期待できますが花粉症の根本原因を取り除いて完治させる治療ではありません。

東洋医学的治療

花粉症などのアレルギーを治療する際に「自然治癒力」という東洋医学の発想が重要だと言われるようになりました。自然治癒力とは人間が生まれながらにもっている病気やケガを治す力の事です。

 

その中でも最近クローズアップされているのが腸内細菌です。この腸内細菌がアレルギーにも密接に関係していると考えられているのです。

 

ひと口に腸内細菌といってもたくさんの種類と数があり、大腸には100兆個以上の細菌が棲みついています。

 

そのたくさんの細菌が腸の中で「腸内フローラ」というお花畑を作っているのです。

 

腸内フローラは、身体に良い働きをする「善玉菌」、悪い働きをする「悪玉菌」、そのどちらでもない「日和見菌」の3種類で構成されています。

 

これら3つのタイプの腸内細菌のバランスが腸内環境の良し悪しに影響をあたえ、理想は善玉菌2・悪玉菌1・日和見菌7の割合とされています。

 

日々のストレスや乱れた食生活などによって悪玉菌が増え、腸内細菌のバランスが崩れることにより免疫力が下がり、花粉症を発症しやすくなります。

 

花粉症だけでなく風邪をひきやすくなったり、疲れやすくなったり、肌荒れの原因になることもあります。

 

腸内環境のバランスを整えるには善玉菌を増やし、悪玉菌を減らすことが大切です。

 

では、善玉菌を増やすにはどうしたらよいのでしょうか?

 

効率よく重要なのは、善玉菌のエサとなる食物繊維をとることです。

 

野菜やキノコ、海藻など食物繊維の豊富な食品を意識して食事に取り入れるようにしましょう。

 

ただし、穀類やイモ類など糖質の多い食品は悪玉菌のエサとなり、腸内環境を悪化させる原因になりますので避けてください。

 

善玉菌を増やす食品としてヨーグルトを思い浮かべる方も多いかと思います。

 

ヨーグルトを食べ続けることによって糖分の摂りすぎになったり、乳タンパクによるアレルギーを起こす心配もありますので、デザート程度に考えておくのが良いでしょう。

 

日本独特の発酵食品である味噌やしょうゆ、納豆などは多種多様な菌が含まれており、ヨーグルトのような乳タンパクによる弊害も考えにくいため腸内環境を整える効果が期待できます。

 

花粉症最大の原因

花粉症は免疫系の過剰反応ということは前述しました。

 

だからこそ腸内環境を整えて免疫を正常に保つことが重要なわけですが、現代社会に暮らす日本人にとってはそれだけでは不十分なケースもあります。

 

免疫系のバランスを改善することによって花粉症の症状が軽減するとは言っても現代社会には免疫バランスを乱す要因が多すぎるのです。

 

都市部に住んでいる人の方が地方に住んでいる人よりも花粉症に悩まされているというケースが多いといわれています。

 

これは都市部には排気ガスを初めとする化学物質が多く存在しているために、生体内において活性酸素が大量に発生しているからです。

 

その活性酸素は免疫系のバランスを崩してしまうことが知られています。

 

ですので、この活性酸素が花粉症の最大の原因となっていることがとても多いのです。

 

私たちの体を外敵から守る免疫機能は細菌やウィルスと戦う際、強力な酸化力で体内に入り込んだ細菌やウィルスを錆びさせて無毒化する活性酸素を出現させ、また、食べ物を強力に酸化させて(燃やして)エネルギーを作る働きを担っています。

 

ところが、この活性酸素は少々やっかいな存在でもあるのです。

 

先に述べたように、適量時は健康維持になくてはならない大切なものですが、過剰に出現した場合は逆に、自らの体の細胞を攻撃しにかかる悪者に変貌してしまうのです。

 

何度も言いますが花粉症はアレルギーの一種です。

 

活性酸素の発生を適正に抑えて免疫のバランスを保つことによって花粉症を改善できると考えられるのです。

 

必要のない活性酸素を除去することによって免疫系のバランスが保たれるのです。

 

活性酸素を除去する抗酸化物質にに着目すると、花粉症完治に向けた治療も開けていきます。

 

活性酸素を除去する抗酸化サプリメント

花粉症の薬

花粉症治療薬一口に花粉症の薬といっても数十種類あり、症状によって処方される薬は異なります。

 

症状に合った薬を選ばないと期待した効果が得られないばかりか副作用に苦しむことになりますので注意が必要です。

 

花粉症の薬には、病院で処方される処方薬と薬局やドラッグストアで購入できる市販薬があります。

 

2010年以降、今までは医療機関でしか処方できなかった薬と同じ成分が含まれる抗アレルギー薬が相次いで市販薬として販売されるようになりました。

 

初めて花粉症の薬を使用する場合は、まずは医療機関を受診して医師の診察をうけることをおすすめします。

 

その後に自分の症状にあった薬の成分名がわかれば、同じ成分を使用した市販薬を選択してもいいかもしれません。

 

くしゃみ・鼻水型には抗ヒスタミン作用の強い薬が効果的です。

 

一方、鼻づまり型は抗アレルギー薬だけでは症状が軽減しないことがあるため、点鼻薬を併用したり、気管支喘息にも使用されるロイコトリエン受容体拮抗薬が処方されることもあります。


目の症状が強いタイプでは飲み薬に加えて点眼薬が使われます。

 

どの症状が最もひどいかにより、有効な薬の種類が異なります。また、同様の症状があっても患者さんによって、有効な薬の種類、眠気などの副作用の出方が異なります。


例えば、ある患者さんに非常に有効な薬が他の患者さんにはほとんど無効で、眠気の副作用がひどいということもあるのです。

 

医師も問診により患者さんのタイプを判断しますが、医師に患者さんから症状をきちんと伝えると、より適切な治療を受けることができるでしょう。

花粉症に効くサプリメント

花粉症におすすめ・・・・アレルギー体質改善にお役立て下さい。

 

「花粉症に効くサプリメントを教えてください!」

最も多いご要望にお応えいたします。 

花粉症におすすめなのが下記のコースです。単品の組み合わせで体質改善に取り組みましょう。 各商品の内容、成分、価格等の情報は下記製品名をクリックしてご覧下さい。


1.プロアンセノルズデイリーバイオベーシックス の組み合わせ

   プロアンセノルズ     デイリーバイオベーシックス
最強の抗酸化サプリであるプロアンセノルズと完璧なミネラルとビタミン、食物繊維バランス、デイリーバイオベーシックスが基本中の基本です。軽度の花粉症ならこのプロアンセノルズとデイリーバイオベーシックスだけで十分でしょう。
プロアンセノルズ100mg、デイリーバイオベーシックスのセットを購入する

 

2.プロアンセノルズオメゴールド の組み合わせ

    プロアンセノルズ   オメゴールド
普段の食生活が外食やコンビニ食に偏りがちな方は、最強の抗酸化サプリ、プロアンセノルズに加えてDHAとEPAをたっぷり配合したオメガ3系脂肪が豊富なオメゴールドを。

プロアンセノルズ100mg、オメゴールドのセットを購入する


3.プロアンセノルズデイリーバイオベーシックスオメゴールド の組み合わせ

    プロアンセノルズ     デイリーバイオベーシックス   オメゴールド
文字通り最強の組み合わせです。抗酸化サプリのプロアンセノルズで活性酸素対策。デイリーバイオベーシックスで食物繊維、ビタミンとミネラルの補給。さらにオメゴールドでDHAとEPAをたっぷり配合したオメガ3系脂肪を補給します。花粉症の原因である活性酸素対策、体内毒素のデトックス、オメガ3不足を補います。
プロアンセノルズ100mg、デイリーバイオベーシックス、オメゴールドのセットを購入する

 

更に上記1.~3.の組み合わせに加え、必要に応じて

 ダイジェスティブ・フォーミュラ や マイクロミンズプラス を。

   ダイジェスティブフォーミュラー    マイクロミンズプラス
ダイジェスティブフォーミュラーは胃と腸の消化をサポートします。

マイクロミンズプラスは不足しがちな微量ミネラル、超微量ミネラルを補給します。77種類のミネラルをこれ1つで摂ることができます。

 

花粉症に効くサプリメント詳細ページ


お問い合わせ

ライフプラスのサプリメント総合カタログダウンロード


ライフプラスのサプリメント総合カタログ



このホームページでは一部のファイルにPDF形式を採用しています。
PDF形式のファイルを見る場合、アドビ-リーダー(Adobe Reader)が必要になってきます。
アドビ-リーダー(Adobe Reader)は、無料でダウンロードできます。
右のボタンをクリックしてダウンロードしてください。


お急ぎの場合はお電話でご注文ください。
ライフプラス注文専用フリーダイヤル
ライフプラス注文専用フリーダイヤル:005-3123-0026
(日本時間、平日朝5時半~午後2時) 土・日はお休みです。
紹介者番号 1974630 を必ずお伝えください。
Copyright (C) 花粉症サプリメント通販のライフプラス All Rights Reserved.