医療レベルの天然サプリメント

メーカー直送!効果と安全性にこだわるならライフプラス

アメリカの医療施設向けに開発された高品質サプリメントを
個人輸入・メーカー直販で購入できます。

花粉症に効くサプリメントはライフプラス

エラスチン(Elastin)

エラスチンとは?


エラスチンは弾性線維の主要な構成成分で、脊椎動物の結合組織に広く分布する不溶性タンパク質です。

 

体内では主に、コラーゲン同士を結びつけて網目状に構成する働きをしています。構成されたものは、ゴムのように伸縮する性質があり、肌の弾力や柔軟性はエラスチンがあるからこそと言えます。

 

表皮の内側にあり、肌の本体ともいわれる「真皮」の成分であることは知られていますが、ほかにも靭帯や血管、肺など伸縮性が必要な組織には欠かせない存在です。

 

それぞれの組織内のエラスチンの含有率は、靭帯で78?80%程度、動脈で約50%、肺で約20%、真皮で2?5%程度とされています。大動脈や項靱帯ではエラスチン含量は全乾燥重量あたり50%以上を占めています。

 

エラスチンの名は、英語の「elastic:弾力・伸縮性のある、しなやかな」が語源で、日本語では弾性線維と呼ばれます。

 

エラスチンは、人間だけでなく脊椎動物の多くが持つタンパク質です。にもかかわらず、水などの溶剤に溶けにくい性質を持つため扱いが難しく、あまり研究が進んでいませんでした。それが21世紀を迎えるころから急速に研究が進み、エラスチンの形成過程や性質、役割などがかなり解明されてきました。

 

エラスチンの特徴

アトピーにエラスチンは必須エラスチンは、コラーゲンヒアルロン酸とともに真皮にある線維芽細胞によって生成されます。線維芽細胞は新しい組織をつくり、古くなった組織を分解して新陳代謝を促しています。ですから、活性酸素に攻撃されて線維芽細胞の働きが衰えると、肌の弾力が失われてしまうのです。

 

生まれたばかりの赤ちゃんの皮膚には、弾力の源であるエラスチンの量が少なく、保水力を持つヒアルロン酸の量がもっとも多いので、非常に柔らかく、みずみずしい肌となります。

 

ヒアルロン酸は歳を経るにつれて減少し、20歳ごろには生まれたときの半分程度になるといわれます。これに対してエラスチンは、成長とともに量が増え、20代半ばごろにピークを迎えます。その後、コラーゲンと同じく減少に転じ、40代をすぎるとどんどん減り、赤ちゃんのころと変わらないほど少なくなってしまいます。

 

つまり30代をすぎると加齢にしたがい、張りとつやを支えるエラスチンコラーゲンも、みずみずしさを支えるヒアルロン酸も減っていくわけです。

 

エラスチンなどの減少を少しでも遅らせるには、組織を生成する線維芽細胞を活性酸素から守り、できればその活動を促し、皮膚の新陳代謝を活発にする必要があります。

 

アトピー肌に不可欠なエラスチン

 

真皮にはコラーゲンが多数存在しますが、エラスチンコラーゲンを結合させることで、肌をしっかり支えています。そして、エラスチンコラーゲンの隙間を保水ヒアルロン酸が埋めることで肌を保湿することができます。

 

アトピー性皮膚炎の肌は、バリア機能が損なわれ、保湿機能が極端に弱くなっています。エラスチンは、特にアトピー肌にとって必要不可欠であると言われるのはそのためです。

 

エラスチンを多く含む食材

エラスチンは、多くの動物の体内のさまざまな部位に存在しています。食材として流通している肉や魚の中にもエラスチンを多く含むものがあります。身近なところでは、牛すじ、鶏手羽先、軟骨やモツ、丸ごと食べる小魚や、煮魚などにして皮まで食べられる魚などです。

 

しかし、どれだけ豊富にエラスチンが含まれた食材を食べても、皮膚のエラスチン量に影響はありません。これは、コラーゲンも同様です。なぜなら、エラスチンコラーゲンも、そのまま人体に吸収されるには分子が大きすぎるからです。摂取したエラスチンは、胃でより小さい分子のタンパク質に分解され、消化管でさらに小さい分子のアミノ酸ペプチドに分解されて吸収されます。吸収されたアミノ酸ペプチドが、体内のどこでどう使われるのかは100%明らかになっているわけではありませんが、少なくとも、肌のエラスチンになる確率が非常に小さいことは確かです。

 

食事によりエラスチンを増やしたいのならむしろ、エラスチンを生成する線維芽細胞を活性酸素から守るために抗酸化作用のあるポリフェノールビタミンCを、また、線維芽細胞の活動を促進するために各種のビタミンミネラルを、いずれも意識的にバランスよくたっぷり摂るほうが、まだ効果が期待できるかもしれません。

 

サプリメントでエラスチン補給?

エラスチン配合のサプリメント類も、今ではドリンクを含めて多種多様な製品があり、それぞれ製法や濃度、配合成分に工夫を凝らしてその効果をうたっています。

 

配合されるエラスチンの原材料は、豚や牛の大動脈血管、カツオやマグロの動脈球などが多く、いずれもエラスチンを豊富に含む部位です。しかし、経口摂取したエラスチンが、そのままとり込まれて皮膚に届くわけではないということは、サプリメントでも同様です。

 

エラスチンを維持・増強することが目的であるなら、エラスチンそのものを配合したサプリメントよりも、エラスチンの生産をサポートする成分が配合されたサプリメントを選ぶべきなのです。

 

エラスチンをサポートするサプリメントには、地上最強の抗酸化サプリメントと言われるプロアンセノルズ、そして、美肌サプリメントフォーエバーヤングがお勧めです。

花粉症に効くサプリメント

花粉症におすすめ・・・・アレルギー体質改善にお役立て下さい。

 

「花粉症に効くサプリメントを教えてください!」

最も多いご要望にお応えいたします。 

花粉症におすすめなのが下記のコースです。単品の組み合わせで体質改善に取り組みましょう。 各商品の内容、成分、価格等の情報は下記製品名をクリックしてご覧下さい。


1.プロアンセノルズデイリーバイオベーシックス の組み合わせ

   プロアンセノルズ     デイリーバイオベーシックス
最強の抗酸化サプリであるプロアンセノルズと完璧なミネラルとビタミン、食物繊維バランス、デイリーバイオベーシックスが基本中の基本です。軽度の花粉症ならこのプロアンセノルズとデイリーバイオベーシックスだけで十分でしょう。
プロアンセノルズ100mg、デイリーバイオベーシックスのセットを購入する

 

2.プロアンセノルズオメゴールド の組み合わせ

    プロアンセノルズ   オメゴールド
普段の食生活が外食やコンビニ食に偏りがちな方は、最強の抗酸化サプリ、プロアンセノルズに加えてDHAとEPAをたっぷり配合したオメガ3系脂肪が豊富なオメゴールドを。

プロアンセノルズ100mg、オメゴールドのセットを購入する


3.プロアンセノルズデイリーバイオベーシックスオメゴールド の組み合わせ

    プロアンセノルズ     デイリーバイオベーシックス   オメゴールド
文字通り最強の組み合わせです。抗酸化サプリのプロアンセノルズで活性酸素対策。デイリーバイオベーシックスで食物繊維、ビタミンとミネラルの補給。さらにオメゴールドでDHAとEPAをたっぷり配合したオメガ3系脂肪を補給します。花粉症の原因である活性酸素対策、体内毒素のデトックス、オメガ3不足を補います。
プロアンセノルズ100mg、デイリーバイオベーシックス、オメゴールドのセットを購入する

 

更に上記1.~3.の組み合わせに加え、必要に応じて

 ダイジェスティブ・フォーミュラ や マイクロミンズプラス を。

   ダイジェスティブフォーミュラー    マイクロミンズプラス
ダイジェスティブフォーミュラーは胃と腸の消化をサポートします。

マイクロミンズプラスは不足しがちな微量ミネラル、超微量ミネラルを補給します。77種類のミネラルをこれ1つで摂ることができます。

 

花粉症に効くサプリメント詳細ページ


お問い合わせ

ライフプラスのサプリメント総合カタログダウンロード


ライフプラスのサプリメント総合カタログ



このホームページでは一部のファイルにPDF形式を採用しています。
PDF形式のファイルを見る場合、アドビ-リーダー(Adobe Reader)が必要になってきます。
アドビ-リーダー(Adobe Reader)は、無料でダウンロードできます。
右のボタンをクリックしてダウンロードしてください。


お急ぎの場合はお電話でご注文ください。
ライフプラス注文専用フリーダイヤル
ライフプラス注文専用フリーダイヤル:005-3123-0026
(日本時間、平日朝5時半~午後2時) 土・日はお休みです。
紹介者番号 1974630 を必ずお伝えください。
Copyright (C) 花粉症サプリメント通販のライフプラス All Rights Reserved.