医療レベルの天然サプリメント

メーカー直送!効果と安全性にこだわるならライフプラス

アメリカの医療施設向けに開発された高品質サプリメントを
個人輸入・メーカー直販で購入できます。

花粉症に効くサプリメントはライフプラス

カロテノイド(Carotenoids)

カロテノイドとは?


カロテノイドの強力な抗酸化作用は花粉症、アトピー性皮膚炎、喘息の症状をを改善するカロテノイドとは、天然の動植物に広く存在する色素です。カロテノイドは植物が光合成をする際に必要で、また光に対する保護機能などの働きがあり、全ての植物の葉や茎に含まれています。

 

ほとんどのカロテノイドは黄色ですが、黄色のカロテノイドが高濃度に蓄積することで橙色になる場合もあり、β-カロテンリコピンのように橙色や赤色のカロテノイドもあります。

 

植物や微生物はカロテノイドを生産できますが、動物はカロテノイドを合成できないので、鮭の身が紅いように、餌料中のカロテノイドを吸収・代謝して蓄積します。

 

これまでに700種類以上のカロテノイドが自然界で見つかっています。大きく分けて、炭素と水素のみでできているものはカロテン類、酸素などを含むキサントフィル類に分けられます。

 

カロテン類の代表的なものとしては、α-カロテンβ-カロテンγ-カロテンζ-カロテンリコピンなどがあります。

 

キサントフィル類の代表的なものとしては、ルテインアスタキサンチンβ-クリプトキサンチンなどがあります。

 

カロテノイドを多く含む食品は緑黄色野菜やマンゴー、柿、すいかなどの果物のほか、とうもろこし、赤唐辛子、わかめやひじきなど海藻類、えび、かになどの甲殻類、いくら、鮭、鯛、卵黄などがあります。

 

ちなみにカロテンは、カロチン呼ばれることもあります。カロチンはドイツ語「Carotin」、カロテンは英語「Carotene」で、どちらも「Carrot+Polyene」の合成語です。

 

Carrotは、最初に発見されたニンジンに由来しています。また「Poly」は多い、「ene」は二重結合を意味します。五訂日本食品標準成分表で表記が「カロチン」から「カロテン」に変更された後、カロテンと表記されることが多くなりました。

 

カロテノイドの抗酸化作用

カロテノイドの中には、体内で分解されビタミンAが不足していると必要に応じてビタミンAに変わるものがあり、これをプロビタミンAと呼びます。β-カロテンα-カロテンβ-クリプトキサンチンプロビタミンAですが、β-カロテンプロビタミンAの活性が最も高いため重要視されていました。リコピンなどは、ビタミンAに変わりません。

 

しかし近年は、β-カロテンだけでなくリコピンや、β-クリプトキサンチンルテインフコキサンチンなどのカロテノイドにも、活性酸素の発生を抑え、除去する作用があり、動脈硬化を予防したり、老化やがんの発生を抑えたり、アレルギーなどに対しても効果があるという報告が数多く見られるようになりました。

 

β-カロテンよりも、アスタキサンチンリコピンの方が抗酸化作用は高く、また単一というよりも、数種類のカロテノイドを複合した方が、発ガン抑制効果があるというような報告もあります。

 

特に、近年注目されているのは、日本でも増加傾向にある加齢性網膜黄斑変性病です。人間の網膜とレンズには、ルテインゼアキサンチンが存在し、光による組織の酸化を抑制していると考えられ、これらの摂取が目の健康維持に有効ではないかと考えられ、今後の研究が期待されています。

 

カロテノイドを摂取する上での注意点

カロテノイドはサプリメントで摂取する場合大量摂取に注意とはいえ、こうした機能性もまだまだ研究の段階で、その有効性が明確になったわけではありません。また一般的な野菜や果物を常識的に食べることは健康上推奨されることですが、過剰摂取には有害性もあるようです。

 

β-カロテンは、必要に応じてビタミンAと変わるため、過剰障害はないとされ、食事摂取基準の上限量も設定されていません。

 

しかし、高用量β-カロテン摂取については、フィンランドの喫煙男性に対するβ‐カロテンビタミンEの介入試験や、米国の喫煙者・アスベスト暴露者に対するβ‐カロテンビタミンEの介入試験では、肺がんリスクが増加する可能性が示されました。

 

また国立がんセンターの「がん情報サービス/がんと食事について」では、「摂取量をふやす」際に、サプリメントを使って大量にとることには、慎重になったほうがよいでしょう。

 

と警告しています。

 

またサプリメントではなく食品でも、静岡県の「商品テスト情報」によると、

 

野菜粉末製品はカロテノイドの補給源としては期待できません。野菜の粉末を主原料とした、粒状や粉末タイプの製品にはカロテノイド類はあまり含まれていませんでした。β-カロチンが多少含まれているものもありましたが、これは添加されたものでした。

 

と報告しています。

 

またカロテノイドは、ビタミンCビタミンEなどの抗酸化ビタミンと協調して作用を高め合うと考えられていますから、特定の成分を濃縮した食品よりは、野菜や果物、海藻など、幅広い食品から、バランスよく、おいしくいただくことが基本です。

 

カロテノイドは、水に溶けにくく油に溶ける性質を持っていますので、油とともに摂取すると吸収率が高まります。トマトソースやガスパチョなどを作る時にオリーブオイルと合わせて調理するのは、おいしくなるだけでなくリコピンを摂取する上でも理にかなっています。

花粉症に効くサプリメント

花粉症におすすめ・・・・アレルギー体質改善にお役立て下さい。

 

「花粉症に効くサプリメントを教えてください!」

最も多いご要望にお応えいたします。 

花粉症におすすめなのが下記のコースです。単品の組み合わせで体質改善に取り組みましょう。 各商品の内容、成分、価格等の情報は下記製品名をクリックしてご覧下さい。


1.プロアンセノルズデイリーバイオベーシックス の組み合わせ

   プロアンセノルズ     デイリーバイオベーシックス
最強の抗酸化サプリであるプロアンセノルズと完璧なミネラルとビタミン、食物繊維バランス、デイリーバイオベーシックスが基本中の基本です。軽度の花粉症ならこのプロアンセノルズとデイリーバイオベーシックスだけで十分でしょう。
プロアンセノルズ100mg、デイリーバイオベーシックスのセットを購入する

 

2.プロアンセノルズオメゴールド の組み合わせ

    プロアンセノルズ   オメゴールド
普段の食生活が外食やコンビニ食に偏りがちな方は、最強の抗酸化サプリ、プロアンセノルズに加えてDHAとEPAをたっぷり配合したオメガ3系脂肪が豊富なオメゴールドを。

プロアンセノルズ100mg、オメゴールドのセットを購入する


3.プロアンセノルズデイリーバイオベーシックスオメゴールド の組み合わせ

    プロアンセノルズ     デイリーバイオベーシックス   オメゴールド
文字通り最強の組み合わせです。抗酸化サプリのプロアンセノルズで活性酸素対策。デイリーバイオベーシックスで食物繊維、ビタミンとミネラルの補給。さらにオメゴールドでDHAとEPAをたっぷり配合したオメガ3系脂肪を補給します。花粉症の原因である活性酸素対策、体内毒素のデトックス、オメガ3不足を補います。
プロアンセノルズ100mg、デイリーバイオベーシックス、オメゴールドのセットを購入する

 

更に上記1.~3.の組み合わせに加え、必要に応じて

 ダイジェスティブ・フォーミュラ や マイクロミンズプラス を。

   ダイジェスティブフォーミュラー    マイクロミンズプラス
ダイジェスティブフォーミュラーは胃と腸の消化をサポートします。

マイクロミンズプラスは不足しがちな微量ミネラル、超微量ミネラルを補給します。77種類のミネラルをこれ1つで摂ることができます。

 

花粉症に効くサプリメント詳細ページ


お問い合わせ

ライフプラスのサプリメント総合カタログダウンロード


ライフプラスのサプリメント総合カタログ



このホームページでは一部のファイルにPDF形式を採用しています。
PDF形式のファイルを見る場合、アドビ-リーダー(Adobe Reader)が必要になってきます。
アドビ-リーダー(Adobe Reader)は、無料でダウンロードできます。
右のボタンをクリックしてダウンロードしてください。


お急ぎの場合はお電話でご注文ください。
ライフプラス注文専用フリーダイヤル
ライフプラス注文専用フリーダイヤル:005-3123-0026
(日本時間、平日朝5時半~午後2時) 土・日はお休みです。
紹介者番号 1974630 を必ずお伝えください。
Copyright (C) 花粉症サプリメント通販のライフプラス All Rights Reserved.