医療レベルの天然サプリメント

メーカー直送!効果と安全性にこだわるならライフプラス

アメリカの医療施設向けに開発された高品質サプリメントを
個人輸入・メーカー直販で購入できます。

花粉症に効くサプリメントはライフプラス

ヒアルロン酸(Hyaluronic Acid)

ヒアルロン酸とは?

ヒアルロン酸はアトピー性皮膚炎の保湿に不可欠ヒアルロン酸とはもともと人の体内に存在する成分で、ムコ多糖類の一つです。ムコ多糖の中でもヒアルロン酸は、特に水分を保持する能力(保水力)にすぐれた物質で、非常にたくさんの水を蓄えると言われています。

 

保水力はヒアルロン酸自体の重量の約6000倍(1gで水6リットル)と言われています。人体の約60%は水分から構成されていますので、ヒアルロン酸が、いかに私たちになくてはならない大切な存在であるかがわかります。

 

そもそもヒアルロン酸はD-グルコン酸とN-アセチル-Dグルコサミンが繰り返し交互に結合した高分子多糖類で、人の体では目の硝子体や皮膚、へその緒などのに広くあります。

 

人間の体を作っているのは無数の細胞ですが、この細胞同士をくっつけ合い勝手に細胞がバラバラに移動しないようにしている「結合組織」の主成分がヒアルロン酸なのです。

 

ヒアルロン酸の働き

ヒアルロン酸は細胞と細胞との間に多く存在しており、水分の保水力保持やクッションのような役割で細胞を守っています。

 

・肌の保湿性や粘弾性の維持
・肌のシワやたるみの予防
・肌や関節軟骨機能維持
・老眼や眼精疲労の改善
・体内の細胞を活性化し、各種栄養素の運搬機能
・卵巣の働きを助け、生理痛の緩和や更年期障害の改善

 

ヒアルロン酸と年齢

ヒアルロン酸は加齢とともに減っていきます。赤ちゃんの時にはぷるぷるしていた肌も、年齢を重ねるごとに体内のヒアルロン酸の量は少なくなり、肌のハリもなくなっていきます。

 

ヒアルロン酸は赤ちゃんのときが最も多く、20代まではそれほど影響はありませんが30代から急に減り始め、40代では赤ちゃんの頃と比べると約半分の 50%まで減少し、60代になると、赤ちゃんの頃の4分の1(25%)まで少なくなります。

 

このように加齢によるヒアルロン酸の減少は、肌のみずみずしさを著しく低下させるだけではなく、肌のハリも低下させ乾燥肌やシワ、シミ形成の原因になってしまいます。

 

肌のほかにも、体の様々な器官で水分調整ができずに老化現象が始まり、関節痛や動脈硬化といった病気を引き起こしやすくなります。

 

肌の真皮は、コラーゲンと弾力線維のエラスチンおよび保水機能を持つムコ多糖類が構成しています。

 

ヒアルロン酸はこのムコ多糖類の一種ですが、ムコ多糖類は保水力があることで、肌のぷるぷるとした弾力性やみずみずしさを保つ働きを行います。

 

加齢などで体のヒアルロン酸が減少し保水力が低下すると、肌のハリ、弾力性が失われ、必然的に保水量も減少しますから、シワやたるみが目立ってきます。また、ヒアルロン酸は天然の保湿成分としての働き以外に、セラミドなどの細胞間脂質と協力して肌の機能を維持する働きも見込まれています。

ヒアルロン酸とコラーゲン、エラスチン

ヒアルロン酸コラーゲンエラスチンとの関係が深く、お互いに影響し合っています。コラーゲンエラスチンヒアルロン酸は、 肌の弾力を保つのに必要な三大要素なのです。

 

肌のハリや弾力のもとになるのが真皮にあるコラーゲンエラスチンで、これらの隙間はヒアルロン酸で満たされています。

 

エラスチンコラーゲンを束ね、コラーゲンヒアルロン酸を体内に留めているのです。


これらは、よくベッドに例えられます。

 

コラーゲンがスプリング、スプリングを留めるネジがエラスチンヒアルロン酸はスポンジです。

 

肌が押されると、真皮層では、網目状になったコラーゲンが変形し、それをエラスチンが支えます。そして、押す力がなくなると、エラスチンの弾力で肌をもとの状態に戻します。

 

古いベッドを想像してください。 スプリングは効かず、ネジはところどころ緩み、へこんだ部分は戻ってきません。肌でも同じようなことが起こっているのです。

 

体内のコラーゲンが不足すると保水力のあるヒアルロン酸などを摂取しても、肌にとどめておくことができにくくなります。

 

逆にヒアルロン酸が減少すると体内のコラーゲンが変質し、エラスチンが減少することになり、肌のハリや弾力性がなくなり、肌にシワやたるみができてしまいます。

 

このように、ヒアルロン酸コラーゲンエラスチンは美肌をつくることに互いに影響し合っている存在ですので、コラーゲンだけ、ヒアルロン酸だけ、エラスチンだけを摂取するというのではなく、バランス良く一緒に摂ることが美肌づくりへの近道なのです。

 

ヒアルロン酸は、コラーゲンエラスチンと一緒に摂取すると、より効果的に肌を整える働きをします。さらにヒアルロン酸の効果を十分に発揮させるために、ビタミンなどと一緒に摂ることもいいとされています。

 

ビタミンCビタミンB群と一緒に摂るとより効果的です。特にビタミンB2は、ヒアルロン酸の持つ保水力を高める働きがあります。

 

ほかにも、ヒアルロン酸の保水力を高め、長時間効果的に作用を働かせる成分として、ムコ多糖類の仲間であるコンドロイチンなどと一緒に摂るのもいいでしょう。


アトピー肌に必須のヒアルロン酸

アトピー性皮膚炎にはヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンをバランスよく摂ることが大切アトピー肌ヒアルロン酸コラーゲン不足のために充分な栄養素が取り込めないため、しっかりと結合した角質が作れず、弱くてもろい状態になってしまいます。

 

そのような角質は非常に剥がれやすいため、ターンオーバー周期も通常の何倍も早まってしまいます。これを解消するには、きちんと保湿する成分を補い、少しずつ丈夫な肌が作られるように補助することが大事。そのために、ヒアルロン酸の摂取は不可欠なのです。

 

ヒアルロン酸は、アトピー性皮膚炎の人にとっては必須の栄養素のひとつなのです。

花粉症に効くサプリメント

花粉症におすすめ・・・・アレルギー体質改善にお役立て下さい。

 

「花粉症に効くサプリメントを教えてください!」

最も多いご要望にお応えいたします。 

花粉症におすすめなのが下記のコースです。単品の組み合わせで体質改善に取り組みましょう。 各商品の内容、成分、価格等の情報は下記製品名をクリックしてご覧下さい。


1.プロアンセノルズデイリーバイオベーシックス の組み合わせ

   プロアンセノルズ     デイリーバイオベーシックス
最強の抗酸化サプリであるプロアンセノルズと完璧なミネラルとビタミン、食物繊維バランス、デイリーバイオベーシックスが基本中の基本です。軽度の花粉症ならこのプロアンセノルズとデイリーバイオベーシックスだけで十分でしょう。
プロアンセノルズ100mg、デイリーバイオベーシックスのセットを購入する

 

2.プロアンセノルズオメゴールド の組み合わせ

    プロアンセノルズ   オメゴールド
普段の食生活が外食やコンビニ食に偏りがちな方は、最強の抗酸化サプリ、プロアンセノルズに加えてDHAとEPAをたっぷり配合したオメガ3系脂肪が豊富なオメゴールドを。

プロアンセノルズ100mg、オメゴールドのセットを購入する


3.プロアンセノルズデイリーバイオベーシックスオメゴールド の組み合わせ

    プロアンセノルズ     デイリーバイオベーシックス   オメゴールド
文字通り最強の組み合わせです。抗酸化サプリのプロアンセノルズで活性酸素対策。デイリーバイオベーシックスで食物繊維、ビタミンとミネラルの補給。さらにオメゴールドでDHAとEPAをたっぷり配合したオメガ3系脂肪を補給します。花粉症の原因である活性酸素対策、体内毒素のデトックス、オメガ3不足を補います。
プロアンセノルズ100mg、デイリーバイオベーシックス、オメゴールドのセットを購入する

 

更に上記1.~3.の組み合わせに加え、必要に応じて

 ダイジェスティブ・フォーミュラ や マイクロミンズプラス を。

   ダイジェスティブフォーミュラー    マイクロミンズプラス
ダイジェスティブフォーミュラーは胃と腸の消化をサポートします。

マイクロミンズプラスは不足しがちな微量ミネラル、超微量ミネラルを補給します。77種類のミネラルをこれ1つで摂ることができます。

 

花粉症に効くサプリメント詳細ページ


お問い合わせ

ライフプラスのサプリメント総合カタログダウンロード


ライフプラスのサプリメント総合カタログ



このホームページでは一部のファイルにPDF形式を採用しています。
PDF形式のファイルを見る場合、アドビ-リーダー(Adobe Reader)が必要になってきます。
アドビ-リーダー(Adobe Reader)は、無料でダウンロードできます。
右のボタンをクリックしてダウンロードしてください。


お急ぎの場合はお電話でご注文ください。
ライフプラス注文専用フリーダイヤル
ライフプラス注文専用フリーダイヤル:005-3123-0026
(日本時間、平日朝5時半~午後2時) 土・日はお休みです。
紹介者番号 1974630 を必ずお伝えください。
Copyright (C) 花粉症サプリメント通販のライフプラス All Rights Reserved.