医療レベルの天然サプリメント

メーカー直送!効果と安全性にこだわるならライフプラス

アメリカの医療施設向けに開発された高品質サプリメントを
個人輸入・メーカー直販で購入できます。

花粉症に効くサプリメントはライフプラス

花粉症とカルシウムの関係

アレルギー発症の仕組み


アレルギーとは免疫の過剰反応のことです。そして免疫とは、体に入った有害な異物を排除しようとする働きのことです。

 

この免疫反応が、何らかの原因で過剰に反応したり、間違って反応したりしてしまうと、花粉症アトピー性皮膚炎喘息といった様々な症状が出てしまうのです。

 

アレルギーとカルシウムの関係


カルシウム不足は花粉症を招く免疫の働きには、カルシウムがとても重要な役割を果たしています。

 

神経細胞は、カルシウムの出す信号(カルシウム電流)によって、細胞から細胞へと情報が伝えられるしくみになっています。

 

カルシウムは、細胞と細胞の情報伝達、神経伝達に不可欠な栄養素で、脳を働かせ、筋肉を動かし、免疫細胞が行動するときに欠かせない働きをしているのです。

 

そして、免疫細胞は、神経細胞から情報を受けて行動を起こします。

 

しかし、カルシウムが不足すると、神経細胞からの情報が正しく伝わらなくなるので、免疫細胞が過剰に反応してしまったり、また、体にとって本来は無害なものに対して、間違って反応したりします。

 

これが、花粉症アトピー性皮膚炎喘息等のアレルギーカルシウムの関係です。

 

「心臓はカルシウムで動いている」 といわれるほど私たちの体を動かす調整役をこなすミネラル、それがカルシウムなのです。

 

私たちの体を守るため、白血球は日々体内をパトロールし、敵が侵入するとただちに防衛行動を取ります。

 

白血球は、マクローファージT細胞B細胞顆粒球NK細胞など、それぞれ役割を分担しながら体内に侵入してきた外敵と戦います。

 

パトロール隊、司令部、遊撃隊、突撃隊、それぞれが情報を交換しながら、整然と行動して体を守るのです。

 

この情報交換に不可欠なのがカルシウムです。

 

カルシウムが不足すると、免疫パトロール隊の情報が司令部にうまく届かない、司令部(T細胞)から行動隊(B細胞)への情報伝達・指令が混乱する・・・など、免疫の誤作動・過剰の原因となり、アレルギー反応を引き起こしやすい体質をつくってしまいます。

 

カルシウムは食事からしっかり摂ること


食事からカルシウムをしっかり摂っていない状態になると、骨からカルシウムを溶け出させ、血中に出して補います。

 

この時、血中カルシウム濃度が上がり、細胞にカルシウムを取りこむよう脳から指令が出ます。

 

こうして細胞内にカルシウムがたまって行きます。

 

花粉症アトピー性皮膚炎喘息等のアレルギー性疾患の人の細胞には、カルシウムが結晶化するほど細胞に取りこまれていますが、これはカルシウムが多すぎるためではなく、カルシウムが食事から取られず不足しているため、骨から溶け出したカルシウムが細胞にあふれている状態なのです。

 

こうなると細胞間の伝達はうまくいかなくなり、免疫の暴走が起りやすくなります。

 

また、細胞にカルシウムが飽和すると、細胞が収縮してちじこまり、これが かゆみ・痛みをもたらします。

 

カルシウム不足は、アレルギー体質を作り、花粉症アトピー性皮膚炎喘息等のアレルギー性疾患の症状をもたらすのです。

 

牛乳でカルシウムを摂取はダメ!?


日本では特に戦後から、カルシウムを摂るために牛乳を飲むことが推奨されてきました。しかし、近年の研究では、牛乳は多くの人にとってカルシウムを増やすどころか、
むしろカルシウム不足状態をつくってしまうことがわかっています。

 

牛乳のカルシウムは、体内吸収が早すぎるため、血中カルシウム濃度が一気に上がるため、排泄されるか、細胞内に取り込まれてしまいます。すると、細胞内カルシウムが多くなりすぎ、細胞間伝達が出来ない状態となり、アレルギー体質をつくってしまうのです。

 

そして、一気に低下した血中カルシウム濃度を戻すためまた骨からカルシウムが溶け出す悪循環となってしまうのです。

 

食品は、そこに含まれている栄養素の量だけではなく人間の体内に入った時に、どのような働きをするかまで考えなければいけません。

 

牛乳は、子牛にとっては貴重なカルシウム源であっても人間にとっては、そうではないのです。

 

カルシウム不足は花粉症を招くが牛乳でカルシウム摂取はNG

 

アレルギーだけではないカルシウム不足の影響


血液中のカルシウム濃度が一定以上ないと、筋肉や神経の働きを正常に保つことができません。

 

神経が正常な働きができなくなると、神経細胞の塊である脳も、正常な働きができなくなるのです。

 

これが、思考力の低下や、憂うつ、イライラにつながり、切れる原因になります。

 

また、思考力が低下すると、コミュニケーション能力も低下し、これが、引きこもりの原因とも言われています。

 

さらには、集中力も低下し、勉強にも集中できなくなったりします。

 

近年、学校での学級崩壊や、学力低下が問題になっていますが、これも、慢性的なカルシウム不足による、集中力の低下が原因といわれています。

 

最近では、幼稚園でも学級崩壊がすすんでいるようです。

 

成長期の子供のカルシウム不足は、アレルギーだけでなく、思考力の低下などの様々な弊害を招きます。

 

加工食品、レトルト食品を減らす!


カルシウム不足の原因の一つに、リンというミネラルの働きがあります。

 

リンそのものは糖の代謝を助けるなど 体に有用なミネラルなのですが、リンが過剰になりすぎるとカルシウムの摂取を阻害してしまいます。

 

リンは、加工食品などの添加物として多用されており、現代人は、あまりに多くリンを取りすぎている状態です。

 

リンは魚類、乳製品、大豆、肉類など一般的な食品に広く含まれている成分ですが、スナック菓子や冷凍食品、加工食品などに含まれる過剰なリンは、体内に入ったカルシウムを排泄してしまいます。

 

また、精製された糖を摂りすぎると、食事で摂取したカルシウムの80%近くが体外に排泄されてしまいます。

 

もともとカルシウム摂取が不足傾向の日本人が、リンを加工食品から大量に取っていることで

 

カルシウム不足 ⇒ アレルギー体質

 

がつくられているのです。

 

加工食品、レトルト食品、清涼飲料水 は減らしましょう。

 

カルシウム不足になるもうひとつの原因が運動不足です。車社会になって、歩いたり、走ったりしなくなって、現代人は運動不足になりがちです。

 

カルシウム不足にならないように、気をつけていたとしても、カルシウムはただ単に摂取するだけでは、吸収されずに尿と一緒に体外へ排出されやすいミネラルなのです。

 

骨は、歩いたり走ったりして刺激を受けないと、カルシウムを吸収して強くなろうとはしないのです。


筋肉だって、鍛えていないと退化して細くなり、逆に脂肪がついていきますよね。

 

人間の体は、生きていくために、使っていない機能より使っている機能を発達させようとするのです。


元気だった年配の方が、ケガをしたりして歩けなくなり、そのまま寝たきりになる事が多いのも、運動ができなくなり、カルシウム吸収率が悪くなって、骨がもろくなるのが一番の原因です。

 

カルシウムは、もちろん必要量を摂取する事も大切ですが、いかに体への吸収率を上げるかが大事なのです。

 

花粉症を招く食物

 

カルシウムサプリメントの必要性


現代の食生活では、加工食品、レトルト食品、清涼飲料水といった手軽に摂れる食事であふれ返っています。これらを完全に避けて生活するのはほぼ不可能かもしれません。

 

現代人のほとんどが程度の差こそあれカルシウム不足であるという事実が、現在の食生活から十分なカルシウムを摂取することの難しさを物語っています。

 

カルシウムというと、成長期の子どもや高齢者の方が必要としている栄養と思いがちですが、男女問わず働き盛りの世代こそカルシウムは足りていません。つまり、みんなカルシウムをしっかり摂れていないのです。

 

日頃の食生活からの摂取が難しければ、サプリメントで効率的に補給するのもひとつの方法です。

 

と言うより、不足している栄養素を効率的に補うには、サプリメントを活用することが最良にして唯一の方法と言った方がいいでしょう。

 

しかし、カルシウムの配合されたサプリメントなら何でもいいというわけではありません。

 

今や常識となりつつありますが、カルシウムが体内で吸収されるにはマグネシウムが不可欠ですので、最近ではマグネシウム入りのカルシウムサプリメントも増えてきました。

 

ただし、カルシウムの効率的な吸収に必要な栄養素はマグネシウムだけではありません。

 

酵素ビタミン、そして数多くの微量ミネラル・・・

 

それらが絶妙なバランスで相互に作用しあって初めてカルシウムは効率的に吸収され、その役目を果たせるのです。

 

ですので、カルシウムのみのサプリメントは論外として、カルシウムと共にマグネシウムが配合されているだけではダメなのです。

 

カルシウムの効率的な吸収のために、酵素やビタミン類、微量ミネラル等を
最適なバランスで配合されたカルシウムサプリメント

花粉症に効くサプリメント

花粉症におすすめ・・・・アレルギー体質改善にお役立て下さい。

 

「花粉症に効くサプリメントを教えてください!」

最も多いご要望にお応えいたします。 

花粉症におすすめなのが下記のコースです。単品の組み合わせで体質改善に取り組みましょう。 各商品の内容、成分、価格等の情報は下記製品名をクリックしてご覧下さい。


1.プロアンセノルズデイリーバイオベーシックス の組み合わせ

   プロアンセノルズ     デイリーバイオベーシックス
最強の抗酸化サプリであるプロアンセノルズと完璧なミネラルとビタミン、食物繊維バランス、デイリーバイオベーシックスが基本中の基本です。軽度の花粉症ならこのプロアンセノルズとデイリーバイオベーシックスだけで十分でしょう。
プロアンセノルズ100mg、デイリーバイオベーシックスのセットを購入する

 

2.プロアンセノルズオメゴールド の組み合わせ

    プロアンセノルズ   オメゴールド
普段の食生活が外食やコンビニ食に偏りがちな方は、最強の抗酸化サプリ、プロアンセノルズに加えてDHAとEPAをたっぷり配合したオメガ3系脂肪が豊富なオメゴールドを。

プロアンセノルズ100mg、オメゴールドのセットを購入する


3.プロアンセノルズデイリーバイオベーシックスオメゴールド の組み合わせ

    プロアンセノルズ     デイリーバイオベーシックス   オメゴールド
文字通り最強の組み合わせです。抗酸化サプリのプロアンセノルズで活性酸素対策。デイリーバイオベーシックスで食物繊維、ビタミンとミネラルの補給。さらにオメゴールドでDHAとEPAをたっぷり配合したオメガ3系脂肪を補給します。花粉症の原因である活性酸素対策、体内毒素のデトックス、オメガ3不足を補います。
プロアンセノルズ100mg、デイリーバイオベーシックス、オメゴールドのセットを購入する

 

更に上記1.~3.の組み合わせに加え、必要に応じて

 ダイジェスティブ・フォーミュラ や マイクロミンズプラス を。

   ダイジェスティブフォーミュラー    マイクロミンズプラス
ダイジェスティブフォーミュラーは胃と腸の消化をサポートします。

マイクロミンズプラスは不足しがちな微量ミネラル、超微量ミネラルを補給します。77種類のミネラルをこれ1つで摂ることができます。

 

花粉症に効くサプリメント詳細ページ


お問い合わせ

ライフプラスのサプリメント総合カタログダウンロード


ライフプラスのサプリメント総合カタログ



このホームページでは一部のファイルにPDF形式を採用しています。
PDF形式のファイルを見る場合、アドビ-リーダー(Adobe Reader)が必要になってきます。
アドビ-リーダー(Adobe Reader)は、無料でダウンロードできます。
右のボタンをクリックしてダウンロードしてください。


お急ぎの場合はお電話でご注文ください。
ライフプラス注文専用フリーダイヤル
ライフプラス注文専用フリーダイヤル:005-3123-0026
(日本時間、平日朝5時半~午後2時) 土・日はお休みです。
紹介者番号 1974630 を必ずお伝えください。
Copyright (C) 花粉症サプリメント通販のライフプラス All Rights Reserved.